> >

普通期と繁忙期の引越し料金の差をチェックしてみました



引越し会社に払う費用は
・引越しの時期
・荷物の量
・移動距離
などによってかなり大きく変わってきます。


最も大きく差がでるのが「繁忙期か普通期か?」ということ。


さらに、エアコンの取り付け取り外し、お皿などの小物荷物を自分で梱包するのか、引越し業者にやってもらうかでも料金が変わってきます。
ピアノの運搬、ペットの輸送など別途費用がかかるものあると追加料金がかかります。
引越しにかかるだいたいの費用をチェックしてみましょう。


引越し業界の繁忙期はいつ?

引越しが多く行われる時期が繁忙期になります。
最も多いのが3月~4月です。
特に3月の半ばから終わりにかけての新生活ギリギリに申し込みをすると、対応してもらえないことがあります。
特に遠距離の引越しは、余裕をもって見積もり依頼を行ってくださいね。


繁忙期の引越料金目安

■同じ市区町村内(移動距離15キロ未満)の引越しの場合
荷物が少ない単身:40,990円
荷物が多い単身:52,627円

夫婦などの2名世帯:90,120円
4人家族:128,479円

■同じ都道府県内(移動距離50キロ未満)の引越しの場合
荷物が少ない単身:38,389円
荷物が多い単身:54,491円

夫婦などの2名世帯:94,517円
4人家族:134,443円


普通期の引越料金目安

■同じ市区町村内(移動距離15キロ未満)の引越しの場合
荷物が少ない単身:34,214円
荷物が多い単身:42,936円

夫婦などの2名世帯:68,640円
4人家族:103,336円

■同じ都道府県内(移動距離50キロ未満)の引越しの場合
荷物が少ない単身:32,793円
荷物が多い単身:46,000円

夫婦などの2名世帯:78,939円
4人家族:101,815円


どのくらい引越料金に差があるの?

全体的に普通期の方がお安い傾向にあります。
同じ市区町村内(移動距離15キロ未満)の引越しなら
荷物が少ない単身:6,776円の差
荷物が多い単身:9,691円の差


夫婦などの2名世帯:21,480円の差
4人家族:25,143円の差


同じ都道府県内(移動距離50キロ未満)の引越しなら、
荷物が少ない単身:5,596円の差
荷物が多い単身:8,491円の差


夫婦などの2名世帯:15,578円の差
4人家族:32,628円の差


こんなに違いがあります!!


引越しは可能な限り前倒しで

引越しをするのが3月でも2月でも構わない方は、2月にした方が断然お得な引越しが可能になります。
また、引越しのトラブルは繁忙期のドタバタしているときに頻繁に起こってしまう傾向にあるそうです。
早め早めの引越しで、トラブルなしの気持ち良い新生活を始めてみませんか?

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.