> > >

海外への引越し「犬、猫を連れて行く場合」



最近は家族同様のペットと一緒に海外へ引っ越す人が増えています。
しかしペットを連れて行くことが増えたとは言え、まだその方法や条件はあまり知られていません。
そこで、数あるペットの中でも連れて行くことが増えている犬と猫について説明します。
海外への引越し「犬、猫を連れて行く場合」

ペットを海外に連れて行くための手続きの流れ

犬と猫を海外へ連れて行く場合、まず最初に相手国の入国条件を調べます。
相手国の動物検疫機関か日本にある相手国の大使館ホームページに書かれてあるはずです。
犬猫を入国させる条件は、各種予防接種とその証明書、マイクロチップの装着、など多種あり時間が掛かります。
つぎに日本の出国条件を調べます。
ペットを連れて行くには日本の出国条件と相手国の入国条件がそろってからではないと連れて行けません。
そして日本出国日が決まったら早めに、少なくとも7日前までに出発空港の動物検疫所に連絡をしてから輸出検査申請書を提出します。
申請はインターネットで出来ます。但し相手国の条件によっては7日では間に合わない場合もあるため、早めの連絡と申請が必要です。


ペットの日本出国と相手国への入国

日本を出国できる条件は、猫は狂犬病の検査、犬は狂犬病とレプトスピラ症の検査、犬猫共に検疫証明書の交付を受けることです。
一方海外の入国条件は様々ですが一例としてマイクロチップの装着、ジステンバーの予防接種、寄生虫の駆虫薬の投与、血清検査、在住証明などです。
マイクロチップの装着は一番最初に動物病院でしてもらわなければなりません。
チップ装着前に受けた予防接種は無効になるからです。
それからジステンバーの予防接種は狂犬病予防接種の1ヶ月以上前にしなければならないなど予防接種によっては時間置かなければ受けられないものがあります。
さらに、血清検査は結果が出るまで2週間ほど要するものがあるため、大体2ヶ月から6ヶ月の時間が必要になるでしょう。
そしてまだ先の話ですが、いつか日本へ帰国する時、今度は日本への入国条件が出てきます。
出国と違い、入国は日本も海外同様に厳しいです。場合によっては180日以内で係留し検査をされます。


輸送ゲージ

ゲージは輸送中の犬猫に苦痛を与えず安全に輸送できるものを用意します。
つまり、足を真直ぐに伸ばして立ったり座ったり、また立ったまま方向転換したりできる大きさです。
また換気に十分な通気口があり、通気穴や網目から鼻先や手足が出ることがなく、逃亡防止の機能を持ったものです。
各航空会社によって細かい輸送条件があるため、確認することをお勧めします。


まとめ

ペットを海外へ連れて行くには、まず2~6ヶ月の時間が必要です。
そして飼い主は各種書類を集めなければなりません。
動物病院で行なう予防接種とそれに伴う証明書はお金がかかり、また相手国の情報と書類は英語か現地語で書かれてあるので、簡単ではないでしょう。
一方ペット側からしても、いくつもの予防接種にマイクロチップの装着、慣れない長旅の末、場合によって到着しても相手国でしばらく係留されるでしょう。
そして違う環境の国に置かれます。
そのため怪我や病気、齢をとった犬や猫には厳しいでしょう。大切なペットのためにも、このようなことを考慮に入れて、海外へ連れて行くかどうかを考える必要があるでしょう。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.