> > >

ルームシェアの生活ルールを決める



生活のルールを決めることは、みんなが気持ちよく快適に住むために必要なことです。

生活のルールとして必要な項目を見ていきましょう。
ルームシェアの生活ルールを決める

家事のルール

家事には掃除・洗濯・食事など、ルールがないとトラブルになってしまうものが多く含まれています。


掃除

共用スペースの掃除は当番制にする人が多いようです。
共用部分にはトイレ・バス・キッチン・玄関・リビングなど汚れやすい所ばかりです。

毎日するのか、週に何回、週に1回など住む人の生活のペースに合わせて決めましょう。
それ以外は、みんなが使用の都度掃除するくらいが負担にならないかもしれません。


ゴミ出し

週に2~3回くらいは何処に住んでいてもゴミ出し日があると思います。
可燃・不燃・資源ゴミなど出す日が決まっていますよね?

結構な負担になると思いますが、不公平にならないよう、1ヶ月単位の当番制がいいでしょう。

ただし、ルームメイトの生活スタイルによっては朝のゴミ出しができないケースも考えられます。

いつ出しても良いのなら問題ないでしょうが、戸建てなどでは夜に出してはダメなど地域の決まりがある場合は、臨機応変に助け合う気持ちも忘れずに分担してください。


洗濯

集合住宅では夜間の洗濯は騒音のため、迷惑になってしまいます。

せいぜい21時くらいまでは可能でしょうか?
洗濯は基本自分の物は自分でということになります。

シェアの人数が多いと難しい問題ですが、2~3人なら少し時間をずらしたり、朝と夜に分かれて使用するなど話し合ってください。

空いているから使ったでは、トラブルになります。
これから使おうと思ってたかもしれませんよ。
まずは一声かけてから!…これが基本です。


食事

食事については各自で用意するのが良いでしょう。
生活時間も違うでしょうし、みんなが料理が得意とは限りません。
自炊したい人もいれば外食やコンビニ弁当の人もいます。
      
※毎日市販の弁当の人はゴミが大量になると思いますので、どうしたらいいかルームメイトに相談し、トラブル防止に努めましょう。


共用スペースの使用方法

トイレ

時間を決めて入る訳にはいかないので、その都度譲り合いの精神で使用しましょう。
     

バス

生活スタイルの違いが出ます。シャワーだけの人もいれば湯船にゆっくり浸かる人も。
よく話し合って使用時間など決めるといいでしょう。


洗面所

生活の時間が重なっていると問題になるのが洗面所の使用です。
洗面所を独占していてはトラブルになります。
長い時間使用するなら、相手の都合も聞いて譲り合う精神でいてください。


冷蔵庫

各自の使える使用スペースを明確にしましょう。
棚ごとに分ける・100均などのトレーを利用するなど色々な方法があります。
共用部分を使用する際は必ず商品に名前を記入した方がいいですね。



その他では、家賃・公共料金の支払いについてルールを決めます。
代表者の口座から引き落としするのか?振込にするか?など。
引き落としであれば払い忘れがなくて便利ですね。
他メンバーから忘れず徴収してください。

エアコンの使い方なども気を付けましょう。
光熱費が折半だからといって無駄遣いしていてはトラブルの元です。
共用スペースでは温度設定にも配慮しましょう。

共同購入費で購入する物を決めておくのも必要です。
トイレットペーパーやシャンプー・リンス、食器洗剤など。

ルールを作っておいた方がいいトラブルの元は他にもたくさんあります。
新たにシェア生活を始める人も、継続している人も定期的な見直しをしましょう。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: ルームシェア

Comments are closed.