> >

親の介護で世田谷区から三島市の実家に引越し



親の介護のため、東京都世田谷区から静岡県三島市の一軒家(自宅)へアリさんマークの引越社を利用して転居したATさん(45歳女性)体験談。

世田谷区から三島市にアリさんマークの引越社で引越しをしたATさん

その引越し業者に頼んだ理由は?

初回引っ越ししたときに頼んだのがアリさんでした。的確に作業してくれて大変助かったため、2回目もアリさんと決めていました。

実家に引越した時の感想

親の介護をするに引越したので、世話のしやすい自宅に引っ越し(戻り)ました。

地元ですので土地に関しての不安はありませんでした。
家族も一緒に暮らすことができて安心してくれました。外食生活が一転し、自炊になりました。

畑もまだ残っているので、野菜が新鮮でおいしく、しかも安いので、買い物も料理も楽しくなりました。

公共交通手段が少なく、どこに移動するにも車が不可欠です。20年以上運転をしていなかったので、運転が怖くて仕方がありませんでした。

ペーパードライバー教習に通ったり、家族の車を借りたりして、しばらく運転の練習をした後に車を購入しました。

車の購入はあらかじめ覚悟していたことでしたが、維持費も含めて痛い出費でした。

仕事探しは正直厳しいです。
以前自分のしていたような業務がないからです。

過去の職歴にこだわりすぎると難しいので、発想の転換、あるいは妥協が必要だと言われたりして、自分の意識と格闘しているところです。

敷金が戻ってくるかもしれない?

引っ越し業者によっては段ボールやガムテープをいくつか無料でくれるところもあります。

業者や日程がきまったら、徐々に準備することをお勧めします。
一夜づけでは当然間に合いませんし、壊れ物などは丁寧に梱包したほうがいいからです。

季節の衣料品のようにふだんは使わないものは先につめてしまいます。

今使っているものから片付けようとすると、まだ使うかもしれないと迷いが出たりして、なかなか片づけが進みません。

引っ越し後に出た段ボールを引き取ってくれる場合もあるようです。邪魔になるときは確認してみるといいかもしれません。

私は賃貸物件に住んでいましたが、 日ごろから部屋に傷をつけないよう気をつけていました。

部屋を借り始めたときと同じようようなきれいな状態でお返しすれば、敷金が戻ってくるかもしれないからです。

さらに退居前にはすみずみまでピカピカに磨き上げました。

確認に来た不動産屋からは「部屋をきれいに使ってくれたので、直すところがほとんどない。

大家さんも喜んでいましたよ」と感謝され、想像以上の敷金が返金されました。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.