> >

田舎すぎて車がないと不便。八王子市堀之内に2年住んでみた



八王子市堀之内には2年住みましたが田舎すぎて車がないと不便な地域です。東京都八王子市堀之内に引っ越すべきではなかった。T.I(26歳男性)。
八王子市堀之内に引っ越すべきではなかった


八王子市堀之内に住んでみた感想

大学進学のために上京し、学校が近かったために京王相模原線近くのこの地域に引っ越しました。
大きな理由は少し田舎すぎて車がないと不便であることです。
多摩ニュータウンよりもあとに造成が始まった地域らしく、ぽつぽつとたんぼや畑が見られる閑静な住宅地と言った感じの場所です。
スーパー、飲食店、ATMなど最低限日常生活に必要なお店は駅の近辺で利用できますが、それ以上のことを何かするとなると不十分で他の駅に移動しなければなりません。
しかしそういうときに交通の便の悪さが気になります。都心部に用があるときは隣の駅で急行に乗り継ぐ必要があります。
高幡不動・立川方面に行く場合はモノレールの利用が一般的ですが、料金が高いため地味にお財布に響きます。
また速度も遅いため立川に行くのに新宿と同じくらいの時間がかかってしまいます。
近距離の移動だとバス、自転車が選択肢になりますが、バスは本数が少なく、自転車は山がちの地形のため電動でもないとなかなか活躍しにくいです。


八王子市堀之内へ引越し予定の方へ

上記のように食う・寝る以外のことをやろうとすると車の利用が必須になってくるので、車を持たない一人暮らしには不向きです。
もしこの近くに住む必要があるのであれば、多摩センター駅周辺の地域をおすすめします。
こっちならより大規模な商店が利用でき、映画館や大きな公園もあるため週末も充実しやすいです。
京王線に加えて小田急線も利用できるため遠出する際も特に困りません。
また家賃も特別高くなるわけでもないので選択の余地はないように思えます。
あえて八王子市堀之内を選ぶとすれば、「何もない町」ということを好意的に捉えられる場合でしょうか。
近くを流れる川では雨が降るとカエルがもぞもぞと川べりに這い出してきます。
また秋になると虫の鳴き声くらいしか聞こえません。
そういう環境ですから自宅で学生さんが集中して資格試験などの勉強をするには都合がいいかもしれません。
またファミリー世帯でしたら、自然に近い環境で子育てをできることは、東京の他の地域ではなかなかない利点と思われます。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.