> >

渋谷区から兵庫県川西市のマンションに移住した体験



夫の転勤のため、東京都渋谷区から兵庫県川西市へアリさんマークの引越社を利用して引移住したR.Mさん(40歳女性主婦)体験談。

渋谷区から川西市にアリさんマークの引越社を利用して引越したR.Mさん


見積もりをとった引越業者

アート引越しセンター、アリさんマークの引越社の2社

川西市のマンションに移住した時の感想

会社の社宅があったためです。近くに小学校・中学校があり、自然が多く緑が豊かな場所だったためこの住居に決めました。

新興住宅地で、静かで子育て環境としてはよかったと思います。周りに住んでいる方の助言をもらえたり、なにかと助けてもらうことができました。

地域社会にも馴染みやすく、私も子どももすぐにお友達ができました。
しかし駅からバスで15分かかる場所だったために、車での移動が主となりました。

それまであまり運転の経験がなかったので練習が必要でしたが、道路も整備されて幅が広かったので初心者には助かりました。

市内で生活に必要な買い物や洋服などのショッピングができるので、日常生活で困ることはありませんでした。
しかし、利用できる店舗が限られていること、狭い地域社会から出る時間がなかなか取れず閉塞感はありました。

梅田や神戸などの大都市へ遊びに行く、ショッピングに行くということは1年に2回程度しか実現しなかったのが残念です。

後々の生活をイメージして引越し先を決める

夫の転勤に伴う引っ越しの場合は引っ越し先が限られてしまいますが、後々の生活をイメージして選択されるといいと思います。

現在の子どもの年齢だけを考えるのではなく、今から3年後・5年後はどうか、ということを考えることをおすすめします。

子どもが小さいうちは家の周辺や自転車で出かける範囲で行動するので、近辺の環境だけを考えればいいと思います。

しかし高校進学の時期になってくると、家から高校までの通学距離・電車、バス代、また通学路の安全性などを検討しなければなりません。

塾への通学も含めて、交通の利便性を考えておくと良いと思います。

通学路の安全性に関しては、今はどこの地域なら安心、ということが言い切れない事件が毎日のように報道されています。

特に女児の場合は、家から駅までは車で送迎するような想定を含めて、住居の選定が必要です。

駅から離れると家賃や住居の価格は安くなりますが、上記のようなことを考えると多少高くなっても利便性をとるほうが賢明かもしれません。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 引越し体験談

Comments are closed.