> >

東京都台東区駒形に夫婦2人で引っ越して失敗と感じた理由



台東区駒形に1年半住みましたが、今は他の地域に引越しました。わたしが東京都台東区駒形に夫婦2人で引っ越して失敗したと感じた理由を書きますね(A.N 31歳女性)。
東京都台東区駒形に夫婦2人で引っ越して失敗した理由

台東区駒形に引っ越して失敗と感じた理由

台東区駒形は観光地浅草のすぐ近くにあります。
住む前は、浅草は賑やかで楽しそうなところだし、地下鉄も2本通ってて便利そうだと思い決めました。
しかし、観光地物価で家賃が割高だということに引っ越してから気づきました。
また、観光地であることと関係しますが、周りには飲食店がたくさんあります。
でも観光地だからかちょっと高いし混んでいます。
最寄駅は浅草駅で、浅草線と銀座線が通っていましたが、この2つの駅が微妙に離れています。
仕事で毎日いろんな場所へ行かなければならなかったため、「地下鉄2本使えるし、銀座線の浅草駅は始発で座れる!」と考えて住み始めましたが結局浅草線浅草駅と、銀座線田原町駅を使うことになり、損をしたような気分になりました。
あとはスーパーが少ないです。
良く行ったのは田原町の赤札堂、浅草のオオゼキ。
それ以外はほぼ行きませんでした。
安いスーパーなのですが、家と駅の間にはなかったので少し不便な思いをしました。


台東区駒形に引越しを考えている方へ

失敗したと思った点をたくさん書きましたが、少し割高な家賃、地下鉄の使い方(良く使う駅がひとつで、そこが近いなら大丈夫)、スーパーの位置などに納得できれば、賑やかで楽しい街です。
自分にとって最低限必要な施設をリストアップして、近くにあるか確認してください(話は逸れますが図書館は遠いです。また、若者のファッションのお店はほぼありません)。
しかし、良い点もたくさんあるのでご紹介します。
うなぎや天ぷらの老舗飲食店が数多くあり、近くには有名なパンのペリカンもあります。
浅草寺では良くお祭りをしていますので、散歩がてら見にいくことができます。
ちょっとした散歩で観光気分を味わうことができますし、浅草寺周辺の通りには個性豊かなお店が並んでいますので、毎回新たな発見があります。
田原町駅の方にはかっぱ橋通りもあり、食器や調理器具が好きな方にはとても楽しいと思います。浅草駅のみならず、少し歩けば大江戸線蔵前駅も使えます。
下町情緒あふれるこの地域は人をひきつける魅力があるなと感じました。
ぜひ参考にしてみてください。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.