> >

引越し前の手続きや準備することまとめ【保存版】



引越し前の手続きや準備することまとめ

引っ越し前にすること各種届出

転出届

引越しが決まったら、役所に転出届を出します。14日前からの受付になるので、引越し後に忘れて戻ることがないように早めに手続きしましょう。

子供手当

旧住所の役所に「受給事由消滅届」を提出します。一緒に親の前年度の住民税の課税証明書または所得所明所をもらっておきましょう。新住所で子供手当を申請する時に必要になります。これは、新住所の管轄役所では受け取ることができません。
子供手当は、引越し先で再申請が必要になります。申請が遅れると、遅れた月の手当は貰えなので注意しましょう。

国民年金

引越し前の手続きはありません。引っ越し先での手続きになります。市内への引越しの場合は、役所にて住所変更をしましょう。

国民健康保険・社会保険

引越しが決まったら、国民健康保険の資格喪失手続きをしましょう。転出届をする時に一緒に行えばスムーズです。保険証と印鑑、高齢受給者証がある方は持参してください。
市内への引越しの場合は、役所にて住所変更手続きをしましょう。
社会保険に加入している方は、引越しすること(したこと)を会社に報告し、住所変更をしましょう。

印鑑登録

旧住所の役所にて、印鑑登録廃止手続きをしてください。その後、印鑑登録が必要な場合は、新住所の役所での手続きになります。

介護保険

旧住所の役所にて、介護保険受給資格証明書を交付してもらいましょう。それを、新住所にて提出し手続きします。

転校



小学校・中学校
通っていた小学校から「在学証明書」「教科書受給証明書」を貰っておきます。新住所の役所に提出し「転入学通知書」を発行してもらったら転校先に提出になります。


高校・公立高等学校
通っていた高校に転校したいことを説明し「在籍証明書」と「単位取得証明書」「校長の紹介状」を発行してもらいます。紹介された高校の編入試験を受け合格後書類を提出し入学になります。


私立高等学校
引越し先の都道府県私学協会に相談し、受け入れ先があるか確認してください。その後の流れは公立高校とほぼ一緒です。

※高校の転校は「編入試験の合格」や「希望の学校に欠員がある」など制約があります。引越しが決まったら早い段階で希望校に転校できるか確認しておきましょう。
※高校三年時の転校は、大学などへの進学に影響が出ることがあるので慎重に考えたほうがいいかもしれません。


銀行・クレジットカードの住所変更の手続き

今使っている銀行のカードをそのまま使う場合でも、引っ越す前に住所変更の手続きをしておきましょう。

新住所周辺に同じ銀行の支店がある場合は引っ越し後の手続きも可能ですが、支店が近くにない場合は手続きもしにくくなります。

また、もうその銀行を使わない時は、銀行口座の解約を忘れずにしておきましょう。数千円・数百円を残したままになっている通帳はそのままにしがちですが、10年間使っていない通帳は勝手に解約され、残ったお金は銀行の所有になってしまいますので注意してください。

クレジットカードの住所変更も忘れずに行ってください。重要なお知らせのハガキなどが届かなくなってしまいますので注意が必要です。また、結婚などで苗字が変更になりクレジットカードの名前と登録情報の名前に食い違いがあると引き落としされないので注意してください。


電気・ガス・水道の手続き

電気

電気の使用開始のために引っ越し先と日時が決まったら、電力会社に連絡をしましょう。名前・住所・電話番号・引っ越し先・引っ越し日時を知らせます。

当日でも連絡は可能のようですが、入居1~2週間前に連絡しておいたほうがいいでしょう。インターネットやFAXで連絡する場合は、受付に2~3営業日かかる場合があるので注意してください。

引っ越し先に入居したら、ブレーカーのアンペアを「入」にして続いて、漏電遮断つまみ、配線用遮断つまみの順で「入」にします。

引っ越し先に電気使用開始手続書があるので、必要事項を記入しポストに投函しましょう。インターネットやFAXでも手続きできます。公式ホームページを確認してください。


ガス

ガスの使用開始をするためには、1週間ほど前にガス会社に連絡をしましょう。

ガスの使用前にはガス会社の社員(または委託会社の社員)が訪問し、立ち合い検査が必要になります。連絡が遅くなると引っ越し希望日にガスが使用できなくなることもあるので、早めに連絡をしておきましょう。インターネットでも申込みができますが、土・日・祝日が入ると受付可能日が早くなることもあるので注意してください。

当日は、点火の確認とガスメーターの説明があります。地震でガスの安全装置が働いた時はガスが使用できなくなった時など、緊急時の説明をしてくれます。

この時にガスコロンのホースを繋いでもらうこともできるので、引っ越しの荷物の中から取り出して、ガス台とコンロをサッと拭いておくとそのまま使えて便利です。

作業は10分ほどで終わるので、立ち合い訪問の時間までに用意しておくと慌てないで済みます。

*当日、保証金を支払う場合もあるので、ある程度のお金を用意しておいたほうがいいかもしれません。


水道(上水道・下水道)

引っ越し日の数日前に水道局へ連絡しておきましょう。

これは、不動産業者がやってくれる場合もありますが、自分でやる場合は1週間ほど前までに連絡しておきましょう。連絡しておかないと、水道が使用できません。

自治体によってはインターネットでの使用開始の申込みが出来るところもあります。土・日・祝日を避けて連絡しましょう。

引っ越し先で水道の使用を開始したら、開始申込みのハガキに必要時を記入し投函するか、他手続きと一緒に水道課にて手続きしてください。

また、下水道が通っている場所は下水道使用も一緒に開始になります。
一軒家などで浄化槽が付いている家は汚水処理業者に連絡してください。

浄化槽のタイプにもよりますが、年4回の検査と年一回のくみ取りが必要になります。

また、県の検査も年に一回行います。その時に、4回の検査がきちんと行われているか確認されますので、領収書などその証明ができるものを用意しておいてください。

業者に頼まず自分で検査する場合は「〇年〇月〇日にフィルターの検査をして、薬剤の補充をした」など手書きのメモでも証明できるそうです。

この検査を怠ると匂い漏れの原因になりますので、きちんと検査を行うことをお勧めします。


引っ越し業者の手配

引越シーズンには、引っ越し業者の予約が取りにくくなるため引っ越しが決まったら早い段階で予約をしましょう。

一般的に3月~4月、6月、9月は引越が多い時期とされていますが、業者に確認したところ1月~5月は引越が多く金額も割高になるそうです。

なので、仕事なので急な引っ越しでない場合は、忙しい時期を避けて引っ越しした方が安く済むかと思います。

引越しが決まったら、遅くても1~2カ月前には予約を入れておいたほうがいいでしょう。

繁盛期に一週間前に電話したけど、予約がいっぱいで引っ越しがスムーズに出来なかった。夜の時間帯しか空いてなくて真っ暗な中トラックに荷物を搬入し、大切な物を落としてしまったことに気が付かなかった。

そんな話も聞きます。出るお部屋、引っ越し先にも迷惑にならない時間帯に予約が取れるようにしましょう。

引越しプランも色々あります。
単身者向けの最低限の荷物を運んでくれるプランや、梱包から搬入まで全部やってくれるプラン。

学生などなるべく節約したいという方は最低限の荷物を運んでもらい、大きな家具は宅配便にする方法もあります。

自家用車がある方は、大きな家具、例えば冷蔵庫とテレビだけ宅配便にして残りの物は自分で運ぶということもできますので、予算に合わせて考えてみて下さい。

初めての引っ越しの場合は、大きな物は現地で買ってしまったほうが安く済む場合もあります。

大型量販店では全国配送無料のお店もあり、引越し前の地域のお店で選んで引っ越し日に配送してもらうこともできます。

エアコンなど工事が必要な電化製品は工事日の予約もしておきましょう。

冬場に暖房が使えない部屋で過ごすのは大変きびしいです。体調不良を招く恐れもあるので、準備はしっかりしておいたほうがいいですね。


引っ越し先はお決まりですか?

大勢の人が引っ越しするシーズンは、いい物件もなくなってしまいます。

一度住み始めたら数年は住むお部屋です。なので、少しでも条件が良くて安い部屋を探すためには、早めに不動産業者に相談したほうがいいです。

最近はネットでお部屋検索が出来るので、気になった物件があったらすぐに相談してみましょう。

また、敷金0の物件は退室時に、修繕費など大きな金額がかかる場合があります。

どこまでが入居者の負担になるのか考えて部屋を使用したほうがいいかもしれません。
ちなみに、礼金は大家さんに支払うお金なので戻ってきません。

敷金は部屋の修復が少なければ戻ってきますので、部屋を借りる時は敷金・礼金が何か月分かかるのかも見ておきたいものです。

同じような間取りで同じような値段でも、エアコンがある物件とない物件があります。料金内で付いてくる物のチェックも忘れないようにしてください。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことをおすすめします。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。


特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。


サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。


数分で終わりますので是非、利用してみてください。

⇒引越し一括無料見積「引越し侍」について詳しく見る


荷造り

一人暮らしの荷物でも長く暮らしていると荷物が多いものです。

家族の引っ越しになると、段ボール箱100個、多い場合で300個になることもあります。当日になってあわてない様に、荷造りはコツコツやっていきたいものです。

まず、引っ越し先に持っていくものと、処分するものに分けましょう。

不要なものは処分するか、リサイクル業者に持っていってもらうのが賢い方法です。

業者によっては、スチールラックと靴箱とギターやその他多くの物を合わせても500円~1000円ほどと安値を付けられてしまうこともありますが、自分で処分するとなるとクリーンセンターに持ち込みの場合は、ゴミの量にもよりますが数千円ほどかかります。
自家用車を持っていない場合は、レンタカー代もかかります。粗大ごみの日に出すとしても、計画的に出していかないと、全部捨てきれなかったということになりかねません。

捨てる手間が省けて、買い取りをしてくれるなら安値でもリサイクル業者にお願いするほうが賢いのかと思います。それでも、きちんとした値段で買い取りしてもらいたい方は、事前に相談・査定してもらい値段交渉する方法もあります。

※引っ越しシーズンにはリサイクル業者も大忙しなので、なかなか引き取りの予約がとれないこともあります。引っ越し日数日前には引き取りにきてもらえるように、連絡しておきましょう。

持っていくものの選別ができたら荷造り開始です。

節約したい場合は、スーパーなどでもらえる段ボール箱でも十分引っ越し可能ですが、一度に何箱も貰えません。

それに、同じような形の段ボールは案外少ないものです。
一カ月ほど前から買い物のたびに段ボールをもらい、使い勝手のよさそうな大きさのものを揃えておきましょう。

コツコツ集めるのが苦手な方は、ホームセンターなどでは一箱数百円で段ボールが売っているので、そちらを利用してもいいかと思います。

<荷造り時にあると便利な物>
・段ボール箱
・太目の油性ペン(赤系・黒系)
・ガムテープ
・荷造り紐
・大き目のビニール袋(中身が分かる透明がベスト)

必要物品を揃えたら荷物を詰めていきます。

引越し二週間の荷造り

二週間ほど前から引っ越しするシーズンと真逆のシーズンの服など、使わないものから詰めていきましょう。

詰め終わったら「服(冬)」など黒の油性ペンで側面と上部に書いていきます。

面倒でなければ、側面は四面に書いたほうが引っ越し時に探しやすくて便利です。食器なども、頻繁に使うもの以外は新聞紙などで包んで梱包しましょう。

靴や本も早めに梱包して大丈夫です。

細かいものは「台所用品」「洗面所」「寝室」「リビング」などと書いて、部屋ごとに分けておくと便利です。


引越し一週間~数日前の荷造り

一週間~数日前になったら、今着ているシーズンの服を詰めていきます。

この時、「服(夏)」など分かりやすいように書くのは同じですが、まだ使うかもしれない物は、ガムテープでとめずに置いておきましょう。

本など捨てるものは、計画的にゴミ出ししていきます。(地域によっては、資源ごみの回収が二週に一度の地域があるので注意して出していきましょう)古紙回収業者に頼んでもいいかと思います。

引越し一日前~当日の荷造り

一日前~当日になったら、電化製品やパソコンの梱包をします。

引っ越し業者に頼む場合は、冷蔵庫やテレビなど大きな家具は業者にまかせて、パソコンなど自分で管理したい物を梱包しましょう。

パソコンと他の電化製品のコードが混じってしまうと後々大変なので、パソコン梱包用に一つ段ボールを用意したほうがいいです。(データーの紛失を防ぐためにバックアップをとっておいたほうが安全です)

洗剤や化粧品など引っ越し後にすぐに使う物は、最後に荷物の積み込みをします。「すぐ使うもの」荷物が遅れて届く場合は、別にして持っていきましょう。

ガスコンロは、油でベトベトになっているので前日にはゴタクを洗い、本体とガス台の
水拭きをしておきましょう。当日洗うと、水気が残り他の荷物を濡らしてしまうことがあります。キッチン用拭き取りシートがあると簡単に掃除できて便利です。

引越し後に使うもの

雑巾、洗剤、掃除用品、ゴミ袋、石鹸類(ボディーソープ、ハンドソープ、シャンプー、コンディショナーなど)タオル、着替え、化粧品、くし、コンタクト用品(使用している方)手荒れが気になる方はゴム手袋、掃除機は引越し当日の最後に使うので、積み込みはしないでおきましょう。

雑巾も数枚残しておいたほうが便利です。賃貸アパートの場合は、自分で掃除できる範囲で綺麗にしておいたほうが、退室時の立ち合い査定に変化がある場合もあるので掃除はしておきましょう。

布団は、引っ越し当日に出来るだけ小さく丸めて紐で縛っておきます。

トラックの中で埃まみれになってしまう場合もあるので、大き目のビニール袋が布団収納袋に入れておきましょう。

布団圧縮袋使う方法もありますが、家具の角などで穴が開いてしまうと引っ越し中に膨らんでしまうこともあるので注意してください。

カーテンは、引っ越し先でも使う場合は外したら大き目のビニール袋に入れそのまま運びます。

引っ越し先で洗濯器が設置されたら、洗ってカーテンレールに付けてしまうとキレイに使えます。(雨天時は湿気で乾かないこともあるので注意してください)

引越し業者のプランには、梱包用の箱を貸し出してくれるプラン、荷造りを全てしてくれるプランもあるので、予算を引越しにかけられる時間を考え、上手に引越しをしましょう。

※銀行通帳や役所で貰った書類など貴重品は、自分で持ち運び紛失しないように注意しましょう。


自動車やバイクの手続き

・運転免許
旧住所の管轄警察での手続きはありません。

・自動車
旧住所での手続きはありません。

・自動二輪車
旧住所での手続きはありません。

・原付バイク
市内への引っ越しは、役所にて住所変更の手続きを行います。
市外への引っ越しの場合は、引っ越し前に住んでいた住所の役所で廃車手続きが必要になります。標識交付証明書、ナンバープレート、印鑑が必要になります。本人が手続きに行けない場合は、委任状があれば代理人が手続きをすることが可能です。

・自動車保険
自賠責保険・自動車任意保険の住所変更手続きが必要になります。
引越しをしてナンバーの変更があったら、保険会社に報告しましょう。

自動車を売りたい方は一括査定がおすすめ

自動車をできるだけ高く売りたい方は、絶対に一括査定サイトを利用することをおすすめします。一括査定をすることで業者同士で競争心理がはたらく為に高額な査定が出やすい傾向があります。詳しくはこのページの中断あたりをご覧ください。
たった数分で一括査定の申込みができるので便利ですよ。


引越前にするその他の手続き


郵便

郵便局の窓口・又は公式ホームページから申込みができます。本人確認が出来る書類が必要になりますので用意してください。
インターネットでの申込みの場合は、訪問や書類の送付などで転居の確認をする場合があります。
家族一人だけ(数人だけ)転居、入院中に病院への転送も受付してくれます。
(国外への転送は行っていません)


NHK

NHKに電話または公式ホームページから引っ越しの連絡をしましょう。名前、旧住所と新住所、引っ越し日を伝えます。支払方法を選び受付完了です。


ケーブルテレビ

ケーブルテレビの場合は、撤去工事が必要になります。サービスエリア内なら工事が無料の会社もあるようなので、料金等は各会社に問い合わせてください。工事の予約の必要があるので、引っ越し日が決まったら早めに連絡しておいたほうがスムーズに工事ができるはずです。


インターネット

マンションやアパートなどで最初からインターネット契約されている物件は、パソコンを持ち込めはすぐに使用できますが、インターネット契約がされていない物件は工事が必要になります。こちらも工事の予約が必要になりますので、早めに連絡しておいたほうがいいでしょう。引っ越しシーズンに工事に1カ月~2ヶ月ほどかかることがあります。


牛乳新聞

引っ越し日が決まったら、配達停止希望日を一週間前までに連絡しましょう。料金は日割が可能です。引っ越し前に清算のため訪問してもらいましょう。
新聞は、引っ越し先でも同じ会社のものを配達希望する場合は本社に連絡すると、販売店の情報を教えてくれます。


保険

生命保険や自動車保険も引っ越し時に住所変更が必要になります。保険会社、担当スタッフがいる場合はその方に連絡し、手続きをしましょう。

その他

個人で申し込みしているインターネット上のお店の情報も変更しておいたほうがいいでしょう。引っ越し後にうっかり旧住所登録のまま買い物してしまうと、郵便物なら転送してくれますが、宅配便の場合は転送されず商品が届きません。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.