> >

各家電製品の発送の注意点



冷蔵庫や洗濯機、石油ストーブ、AV機器、パソコンを引越し先に持っていく場合の注意点を説明したいと思います。


冷蔵庫

前日に指示してくれる引越業者さんもいますが、冷蔵庫を運ぶ前にやっておかなくてはならないことがあります。

まず引越し予定時刻の6時間前までには、電源を抜いておきましょう。
コンセントを抜くということは、冷蔵庫内の温度が上がります。

冷蔵・冷凍保存の食材に関しては、料理するなりして処分を進めておきましょう。

処分できないくらい残ってしまった場合は、クーラーボックスなどの活用で回避可能です。ただし、夏の引越しの際は食中毒の可能性もあるので注意してくださいね。


洗濯機

前日には水抜きを行いましょう。
これをやらなかった場合、引越しの最中に水漏れが起きる可能性があります。

やり方は基本的に水栓を閉じ、カラ運転をさせるのですが、念のため手順は取扱い説明書をしっかり読んで確認してください。


石油ストーブや石油ファンヒーター

万が一、中に入っている石油が漏れた場合は火事になる危険性があるので、しっかり処理を行いましょう。

石油タンクの中を空にして、ティッシュやキッチンペーパーできれいにふき取っておきましょう。また忘れがちですが、電池関連も抜き取って保管しておきましょう。


AV機器

AV機器の知識がある人はやらなくてもいいと思いますが、AV機器に弱い人は行った方が良いことがあります。

まず、機器の裏の配線の状態をスマートフォンのカメラ機能などで撮影を行っておきます。

ケーブル類もわかり易いように「TV1、レコーダー2」のようにタグをつけておくと効率よく配線の接続ができます。

ケーブル類は可能であれば、ひとつの箱にまとめておきましょう。膨大な荷物から探すことになると大変になりますので。


パソコンやタブレット

これらに関しては大事なデータが入っていることが多いと思いますので、万が一落としたり壊してしまうと大変です。

データが紛失するとは困りますので、極力自分で運ぶと良いでしょう。
そしてバックアップも必ずとっておくことをお勧めします。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.