> >

賃貸住宅向け、引越し直後の「傷のチェック」



賃貸住宅に引越しされた方は、住居の状態を細かくチェックする必要があるでしょう。

その住居はいずれは返すものであり、使い方次第では敷金の返還に大きく影響してきます。

そのため、転入時の状況をきちんと貸主と合意しておくことは、のちのちの紛争回避に繋がります。

鍵を頂いたら、なるべく日を置かずにチェックをし、何かあれば速やかに管理会社や大家さんに報告しましょう。

では、どのようなことをチェックしたらよいのか、転入したてでは難しいところがあると思います。

我が家の経験では、物の搬入の前に大まかな掃除を行い、同時に部屋の隅々までチェックを行いました。

扉の開け閉めのチェック

具体的には、まず全ての扉の開け閉めをしてみます。

扉と言っても、種類は様々です。

ドアノブ、鍵、戸棚、押し入れ、クローゼット、窓、網戸等全部を触ってチェックしてください。

我が家はここで、閉まらない扉や、取っ手のない扉などを発見しました。次に、水回りの確認をします。

水回りのチェック

キッチン、お風呂、トイレ、洗濯機などの水は出てくるか、きちんと閉まるか、排水は詰まっていないかなどを確認します。

同時にお湯がでるかどうかや、カランとシャワーの出方や接続部分なども確認すると良いでしょう。

水の出方が悪いと感じた場合、途中で漏れていることも考えられます。

壁などの傷のチェック

そして、掃除をする際は、少々骨が折れますが、天井から床へ向けて自分の手で雑巾がけなどしていくと、傷や壁紙のはがれなどの見落としが減ります。

頭より上に位置している棚の上側や、腰より下に位置している板の裏などは特に見落としがちな部分です。

蝶番や、水回りのチェーンの有無、栓に破損がないかどうかなども、使い始めるまで気付きにくい箇所ですので忘れないように確認しておきましょう。

管理会社にまとめて早急に報告

このような破損や不備が見つかった場合、管理会社などにまとめて早急に報告しましょう。

同時に、スマートフォンなどを利用して破損部分を撮影しておくと、日付と時間も一緒に保存でき、いつチェックしたかの証明にも利用できるでしょう。

どの写真がどの部分なのかを見つけやすくする工夫として、写真のタイトルを工夫したり、部屋の見取り図にメモをしていく方法も便利だと思います。

それ以外にも、疑問に感じた箇所が一つでもあるならば、やんわりと問い合わせしてみることをお勧めします。

部屋の不備についてだけでなく、共有スペースの破損などを見つけた場合も、念のため問い合わせると良いかもしれません。

例えば、駐車場の木が折れかかっていて危ない、側溝カバーがぐらついていて夜中もうるさいなどです。管理費などを支払っていることがほとんどだと思いますので、気になることは一度相談をしてみると安心して暮らせると思います。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.