> >

引越前後の代表的な各届出一覧



転入届

住み始めた日から14日以内に「転入届」を提出しましょう。引越し先の役所で手続きできます。必要書類は、転出証明書、印鑑です。

国民保険

引越す前の役所の国民保険課にて、国民保険資格喪失手続きをしておきます。保険証、身分証明証、印鑑が必要です。

次に、引越した先の役所の国民保険課にて国民保険加入手続きになります。身分証明証と印鑑が必要になります。


国民年金

引越す前の役所での手続きは特にありません。
引越した先の国民年金課に手続きになります。国民年金手帳、印鑑が必要です。


介護保険

市内での引越しの場合は、介護保被保険者証を持って介護保険課にて手続きしましょう。

市外に引越しの場合は、新しい市町村にて介護保険の認定のし直しになりますが、前に住んでいた市町村にて介護保険受給資格証明証を交付してもらい、その書類を提出し認定になります。

介護保険被保険者証と医療保険被保険者証、介護保険受給資格証明書を持って、介護保険課(福祉課)で手続きになります。一週間ほどかかるので早めに届出ましょう。


印鑑登録

引越す前の役所にて印鑑登録廃止手続きをしておきます。
引越し先の役所にて、登録する印鑑、身分証明証を持って市民課にて手続きになります。


子供手当

引越し前の住所地の役所で児童手当事由消滅手続き時に、前年度の住民税の課税証明書または所得証明所を発行してもらいます。

次に、新しい引越し先の役所の児童手当課(子育て支援課)にて児童手当申請手続をします。前年度の住民税の課税証明書または所得証明書と印鑑、厚生年金または国民年金の記号・番号、銀行の口座番号、申請書、印鑑が必要になります。


転校届

小学校・中学校の転校
引越し前に通学していた学校から「在学証明書」と「教科書給与証明書」を頂いておきましょう。

それを引っ越し先の役所に提出し「転入学通知書」を発行してもらいます。学区の確認をしたら、その書類を学校に提出してください。

教育委員会に連絡が必要な場合と、必要ではない場合があるので各役所で確認したほうがいいと思います。

また、学区外の学校へ通学希望の場合も役所または、教育委員会へ確認してください。

※自治体によって手続きが違う場合もあります。


公立高校の転校

まず、学校の先生に転校することを相談しましょう。
「在籍証明書」「単位修得証明書」「校長の紹介状」と発行してもらいます。

次に、学校の紹介になりますが、通っている高校と同ランクか1ランク下の高校を紹介される場合がほとんどです。

希望の高校の受け入れが可能な場合は編入試験を受け合格した後、必要書類を提出し入学となります。


私立中学・高校への転校

都道府県私学協会に連絡し、受け入れ可能な学校があるか確認します。
その後の流れは私立高校とほぼ同じです。

高校については、学期の頭など受け入れの時期に制限がある場合があるので、引っ越しが分かった段階ですぐに行動しましょう。

高校三年生での引っ越しは、受験に不利になることがあるので、なるべく避けたほうがいいかもしれません。


郵便物とNHK

郵便局に転居届を提出すると、一年間無料で旧住所から新住所へ郵便物を転送してくれます。

手続きは、郵便局で直接する場合は本人確認ができる書類と旧住所が確認できる書類(運転免許所、パスポートや光熱水道費など公共料金の郵便物など)を持っていってください。

また窓口に行けない場合は、転居届用紙を投函するか、インターネットでも申込み(e転居)できます。インターネットでの申込みは、パソコンだけでなく、携帯からでも出来るので郵便局のホームページにて確認してください。

※転居届の二枚目がNHKの転居届になっていますので、よく確認してください。


NHK

郵便局のところでも少し触れましたが、郵便局の転居届の裏にNHKの転居届が一緒になっているので、そちらを記入し手続きをした方は変更完了です。

結婚の引越しなどで、今までNHK料金を支払っていなかった世帯は、後日NHKスタッフが自宅に訪問し、NHK加入用紙を持ってきてくれます。そこで必要事項を記入すれば加入できます。

訪問時に加入を決められない場合は「少し考えさせてください」とお願いすると、用紙だけ置いていってくれます。

また、インターネットでも住所変更ができるので、公式ホームページから変更手続きをしてください。


引越しが落ち着いたら手続きしたいもの


銀行

銀行の住所変更手続きは、利用している銀行の窓口でできます。通帳、銀行に登録している印鑑、本人確認書類(免許証など)を持っていきましょう。また、インターネットで手続きできる銀行もあるので確認してください。

クレジットカード

登録住所と現住所が違うと、盗難や紛失時に手続きがスムーズにできないこともあります。重要なお知らせや請求書も届かなくなります。なるべく早く住所変更手続きをしましょう。


生命保険

住所変更しなくても、すぐに問題にはなりませんが、保険会社からの郵便物が届かなかったり、いざ保険を使いたい時に住んでいる住所と登録住所に違いがあるとスムーズに手続きができなかったりします。

担当者がいる場合は、住所変更の書類を持ってきてくれるので、連絡しましょう。特に担当者がいない場合は、各保険会社の窓口か電話にて確認し、変更手続きをしましょう。


その他、

その他、固定電話、携帯電話、インターネット回線の手続き運転免許証や自動車やバイクの登録変更手続き等もあります。引越しはやたらと手続きが多いですが、がんばって早めに終わらせちゃいましょう。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.