> >

単身女性の引っ越しで見過ごしがちな3つのポイント



女性の一人暮らしの場合、重視するいくつかのポイントがあります。
単身女性の引っ越しで見過ごしがちな3つのポイント

お金がかからない生活ができる部屋

一つめは、なるべくお金がかからない生活ができる部屋を探すこと。家賃は収入の1/3以下という相場はひとつの目安ですが、部屋にあるものの修理や交換、買い替えが発生した時に安上がりで済ませられる部屋というものがあります。

たとえば、網戸の修理は業者に依頼すると最安値でも3,500円はかかります。

インターネットやホームセンターなどで枠にはめるゴムや押し込む道具、網を購入すれば1,000円にもなりません。修理も簡単にできます。

ただし、窓が直接外壁にある建物だと一人で作業するのは危険です。

いざとなったら自分で作業ができる部屋かどうか、物件を決める時には確認しておいた方がよいです。


換気扇の掃除

二つめは、同様に換気扇の掃除がしやすいか、とりつけてあるエアコンの交換時期の確認、害虫駆除剤を散布する際に火災報知器に反応しないようにする必要があるのかも確認しておく必要があります。

何かが壊れた、掃除だ、修理だといった時に、その都度業者を呼んで部屋に入れるのは、セキュリティの面から考えても危険です。

また、害虫駆除の煙がセンサーに反応して管理会社やマンションのオーナーがやむなく部屋に入る場合もありますので、そのようなことからトラブルに発展しないためにも十分に確認しておきましょう。


坂の上や下にある物件

三つめは、坂の上や下にある物件は避けた方が無難です。

近頃の天候不順の特徴は極端で急激な天候の変化ですが、坂の上や下にある物件は特にその影響を受けやすいのです。

坂の下物件は雨が降れば大量の雨水がたまりますので浸水の可能性がありますし、坂の上物件は大雪の時は坂が凍ってアイスバーンになり転倒してケガをすることが多いです。

女性は職場へヒールを履いて出勤することも多いですが、部屋の中だけでなく通勤・通学で毎日通う道での足元にも注意が必要です。

物件を決める時には当然家賃が気になりますし、スーパーやコンビニも気になるところですが、毎日の生活でいかに負担を軽くするかを考えることも大切です。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.