> >

一人暮らし女子のための物件のセキュリティチェック項目



一人暮らしの女性にとって、一番気になるのは物件のセキュリティでしょう。

ただ、多くの人はマンションの玄関や、部屋のドアのセキュリティをチェックして「これなら安心」と考えがちです。
一人暮らし女子のための物件のセキュリティチェック項目
しかし、セキュリティは何も建物の中だけに限定して考えるべきものではありません。
押さえておきたいポイントをお話しします。

物件そのもののセキュリティを考えた場合、エントランスや部屋のドアだけをチェックしたのではじゅうぶんとはいえません。

窓からの侵入者

「窓からの侵入者」も想定して物件選びをする必要があるのです。

仕事を持っている人は、真夏、どうしても窓を開けたまま出勤するということも出てくるでしょう。

窓のカギを必ずかけて外出する、というのが基本ですが、窓を破られる可能性もないとはいえません。

そこでおすすめしたいのが、3階の物件。

1階や2階では、窓からの侵入者の危険性はどうしても高くなります。
その点、3階なら危険性はかなり低くなるのです。

ではなぜ、4階以上を避けるのか。


エレベーター

それは、深夜に帰宅した場合、エレベーターを使わなくても無理なく部屋まで上がれるからです。

セキュリティを考えるなら、エレベーターの危険性を忘れることはできません。

特に深夜は、大変危険な時間帯。

残業で遅くなった時には、エレベーターを避け、階段を使いましょう。

3階ならば、「ちょっとしたエクササイズ」という感じで上れるはずです。

冒頭に、セキュリティは建物の中に限定して考えるべきではない、と書きました。


最寄り駅から住まいまでの間の道

建物の外、つまり最寄り駅から住まいまでの間の道のセキュリティもチェックしておくことをおすすめしたいのです。

駅からできるだけ近い物件が理想ですが、同時に「静かな住環境」を希望する人も多いでしょう。

ですから、「駅から徒歩5分圏内で、できるだけ静かな立地」という条件で物件探しをするといいでしょう。

そして、住まいから1分以内の場所に、コンビニなど24時間営業の店があること。駅から住まいまで、明るい外灯がついていること。

この2つがチェックしたいポイントです。

できれば、暗くなってから、物件を下見することをおすすめします。昼間には気づかない「夜の環境」がはっきりわかるからです。

昼間一度下見した物件を、夜、もう一度下見してみるのが理想ですが、時間の都合でそれがむずかしいようなら、昼の下見の時に、「夜はどうなっているだろう」と想像しながらチェックするといいでしょう。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.