> >

一人暮らしの女性向けの物件内容と立地条件



女性が一人暮らしをする場合、家賃のほかに立地条件や間取りなどが重要になってくると思います。
一人暮らしの女性向けの物件内容と立地条件

立地条件

まず、立地条件ですが駅からの距離も重要ですが最寄り駅から自宅までがどのような道で何があるのかが大切だと思います。

最寄り駅から自宅までの間に24時間営業のコンビニエンスストアやガソリンスタンド、ファミリーレストランなど何かあるときに逃げ込める明るい建物があることが望ましいと思います。

さらに、一人暮らし世帯が密集している地域ではなく、地域のコミュニティが確立されているエリアのほうがより安全だと思います。

引っ越したとき、地域コミュニティに加入するか否か地域自治会長さんなどが訪ねてくるかもしれません。

一人暮らしだと断りがちになりますが、加入したほうが良いでしょう。


一人暮らしの女性向けの物件

物件ですが、デザインなどにとらわれずシンプルで収納スペースがたくさんある物件が使い勝手が良いです。

メインになる部屋の収納も重要ですが、台所や洗面台周りにも収納がついているかどうか、玄関に靴収納スペースが十分にあるか、もしない場合は、別で収納棚が置けるスペースがあるかどうかも確認ポイントです。

メインになる収納も広さを見てしまいがちですが、広いけど収納しにくい場合もあり、逆に小さい収納が2つある方が使いやすい場合もあります。

内覧した時に、ご自身の荷物の大きさや何をどこに収納したいのかよく考えるとよいと思います。

最後に大切なのがコンセントの場所です。

洗面所付近には、ドライヤーやホットカーラーなどを使う場合、使い勝手の良い場所にコンセントが設置されているかどうか。

また、台所周辺にも電子レンジやコーヒーメーカーを使うときに便利な場所にコンセントがあるかどうか確認することが大切です。

ご自身がその部屋で生活することを具体的に想像して快適に暮らせるかどうか十分に考慮することが重要だと思います。

内覧するときは、的確にアドバイスをしてくれるご両親や友人などと出かけ、第三者の目からも判断してもらうと良いと思います。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.