> >

私が引越し先を選んだポイントは「家賃」「通勤経路」「自炊」



私が以前一人暮らしをしていた時に、引越し先を選んだポイントを3つ紹介します。
私が引越し先を選んだポイントは「家賃」「通勤経路」「自炊」

家賃が給料手取りの1/3以下

まず、家賃が給料手取りの1/3以下の値段であることです。
これは性別にかかわらず、一般に言われていることです。

家賃は、住んでいるだけで毎月発生する費用です。
一回家賃が決まると、節約して減らすこともできません。

特に、楽器を弾くために防音の部屋が必要だったり、猫のためにペット可物件などのオプションが必要でなければ、一般論の中の値段に収めた方がいいです。


通勤経路は暗くないこと

次に、通勤経路は暗くないことを、選ぶポイントにしました。

通勤経路が、人気のない道や、暗い公園を横切っていたり、外灯の少ない暗い道だと、仕事から帰るときに不用心です。

特に通勤では、毎日通ることになるので、明るい道を通れるような経路を選びたいです。
これも引越し先を選ぶときによく言われることですが、周囲の下見に行くときは、時間を変えて何度か行って確認した方が良いです。

候補が遠い場所でなかなか何度も行けないような場合ですと、インターネットの地図検索で夜の街並みを見てみたり、不動産屋さんに電話で質問した方が良いです。

自炊できること

最後に、自炊できることを、選ぶポイントにしました。
私が自炊を始めた時点で、それほど料理が趣味だったり、得意だったわけではありません。
よほど自炊をしない、と決めているのでなければ、自炊が出来る物件を選んだら良いと思います。

コンロが2つ付いていて、材料が安く買えるスーパー

そして私が自炊が出来る物件と考えたポイントは2つあります。
それは、材料を買うお店があることと、コンロが2つ付いていることです。

材料を買うお店は、安めのスーパーなどが通勤経路にあると便利です。

一人暮らしを始めて最初のうちは、生活するのがいっぱいいっぱいだと思います。

そんな時はお惣菜を買ったり、慣れてきたら食材を買えるようなお店だと、便利です。

自炊をすると食費が安く上がり、いざという時に、とても節約することが出来ます。

また、生活に慣れてくると、お料理に目覚めるかもしれません。
そんな時、自炊ができる物件だと、便利です。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.