> >

物件見学はできれば昼間と夜の2回行う



私の引っ越し経験から、一人暮らし用の物件探しのポイントを紹介します。
物件見学はできれば昼間と夜の2回行う
インターネットや賃貸情報誌、不動産会社などで気になる物件を見つけたら、みなさんまずは見学に行かれると思います。

ほとんどの場合、日中の明るい時間帯に見学することになります。

おそらく、不動産会社の営業時間内であること、明るい方が外観や内観が分かりやすいことなどが理由です。

私も実際、夕方の4時くらいに見学に行きました。

この見学で物件が気に入れば、そのまま契約してしまうことがほとんどだと思います。
私もその見学で、入居は2ヶ月後でしたが、即日契約しました。

駅からも徒歩圏内で(徒歩15分以内が希望でした)、家賃も何とか許容範囲で(収入の3割強程度でした)、実際に見学してみても素敵な物件でした。

しかし実際に住み始めてから、1つだけ気になることが出てきたのです。

閑静な住宅街が裏目に

それは、いわば周辺環境でした。
駅から自宅へのルートが、あまりに静かすぎるのです。

担当者の方も推していた「閑静な住宅街」が裏目に出て、夜遅い時間の一人歩きがかなり怖いのです。

街灯も一定数あり、周辺住宅の窓から光や音は漏れているのですが、家が多い以上塀や生け垣で無数の死角が生じざるを得ません。

住宅街なので、万が一の時駆け込めるコンビニなども近くにはなく(駅方面に戻るしかありません)、遅い時間だと同じ方向に帰る人が数人いれば良い方、という状況です。

結果、帰りが遅くなる時は、特急が止まる最寄駅ではなく、別路線の各駅停車の駅を利用することになりました。

それほど治安が悪い地域ではありませんが、何もないに越したことはありません。

使いそうなルートを夜の時間帯に通ってみる

この経験から、物件見学だけではなく、使いそうなルートを夜の時間帯に通ってみるという「第二の物件見学」をオススメします。

職場が近い、基本的に自転車や車で移動する、夜は出歩かないという方でなければ、この点は気をつけておいて損はありません。

また、可能であれば第二の物件見学を実行する場合には、こちらを事前に(本当の物件見学より前に)済ませておきましょう。

そうすれば、物件そのものが気に入った際に即時契約できます。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.