> >

[節約したい方向け]引越し前の荷造り・不用品の処分



引越し業者が決まり、荷造りの備品が揃ったら作業開始です。
節約は必要なく、おまかせパックなどを利用する方はこの限りではありません。
[節約したい方向け]引越し前の荷造り・不用品の処分
ここでは、出来るだけ節約したい方向けのお話しになります。

備品はダンボール、ガムテープ、マジック(赤・黒)、新聞紙(チラシ)、ビニール袋、ごみ袋があれば準備完了です。

不用品の処分検討も同時に行っていきます。

邪魔になる不用品は先に処分したいところですが、荷造りをしていくうちに不用品が
増える可能性が高いので、同時進行が無難です。

まずは、現在使用していない物からダンボールへ入れていきます。

各部屋ごと、種類ごと、個人別にダンボールを作ります。
食器類は意外と時間がかかりますので、最初に荷造りすることをおすすめします。


種類ごとに荷造りしてみましょう

お皿

同じお皿が複数枚ある様なら1枚の新聞紙に数枚包みます。(あまり大きくない皿の場合)

新聞紙を広げ、角の近くに皿を1枚配置し、角を折って皿を隠す様にします。
その上に同じ様に皿を置き、今度は横に余っている新聞紙で皿を隠します。
更にその上に皿を置き、反対側の横に余っている新聞紙で皿を隠します。
3枚位を重ねたら全体を包み込む様に残っている新聞紙の面をくるくると巻きつけてダンボールへ入れます。


コップ

ガラスのコップは少し厚めで大きめの広告を使用しましょう。
もしくは、新聞紙を半分に折った状態で使用すると強度が増します。

新聞紙もしくは広告を広げ、真ん中にコップを上向きで置きます。
コップの中に回りの新聞紙などを詰込むように押し込みます。
お椀・茶碗=2個ずつ、お皿同様の包み方で。



その他、凹凸のある食器類は個別に包みます。

引越し直前まで使用する食器類は別にして、それ以外は全てダンボールへ入れます。

その際に隙間を作らない事が重要です。
ダンボールの中で食器が動かない程度に詰めましょう。

どうしても出来てしまった隙間には新聞紙を丸めて詰める等して対処します。

使用中の食器を入れるスペースを空けておき、この時点ではダンボールの封はしないでおきます。

食器類を入れるダンボールは中くらい~小さめの大きさが無難です。

結構な重さがあるので、あまり大きいのは運搬もしにくく、割れてしまう危険度も増してしまいます。


キッチン用品

キッチン用品も必要最低限の物だけを残し、後はダンボールへ。

やかん、鍋、フライパン等かなりかさばるので、大きめのダンボールを使用します。
小さいダンボールではあまり入りません。

鍋の蓋などガラス製の物は、新聞紙で包みましょう。


衣類・靴・本・小物類

他にも衣類・靴・本・小物類もそれぞれダンボールへ入れます。

引き出しに入っている物等は、そのままビニール袋に入れて小分けにしておき、ダンボールへ。

ハンガーが直接掛けられる衣類専用ダンボールの貸し出しがあれば利用しましょう。

ダンボールにマジックで内容物を記入

中身が分かるようにダンボールの上部(フタになる部分)と側面にマジックで内容物を記入します。

新居のどこの部屋に置いて欲しいかも記入しておくと作業がスムーズに出来ます。

食器など割れる危険性がある物には、赤マジックで「われもの注意」等と書いておくと良いでしょう。


不用品の処分

ある程度の荷造りが終わったら、不用品の処分をします。
大型の物で使用出来る不用品は、リサイクルショップに来てもらい査定してもらいましょう。

他の不用品も引き取ってもらえる物は全部お願いして、残った物だけ処分する方法が1番節約出来ます。

大きな処分品は引越し業者に依頼するか、粗大ゴミとして出すか、廃品回収などを利用します。

細々とした不用品は、早いうちからマメに処分しておきましょう。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.