> >

小さい子供がいる家庭の物件選び「騒音問題」



小さい子供がいる家庭の物件選び「騒音問題」

騒音響きにくい物件

小さい子供がいる家庭で賃貸物件を選ぶ場合、気になるのが騒音の問題ですよね。

いくら子供に静かにするように言い聞かせてもなかなか思い通りにならないものです。

生活騒音は隣人や周りの人に迷惑をかけるばかりでなく、自分達も常に気にしながら生活する事になるのでストレスを伴い、子供の環境にも望ましくありません。

小さい子供がいる場合はまず騒音が響きにくいしっかりした作りのマンションやアパートを選びましょう。

2階建ての集合住宅の場合、1階より2階の方が騒音が響きやすく下の階の人とトラブルになるケースも少なくありません。

騒音トラブルのリスクを避けるためにも1階を選択し、できれば角部屋を選んだ方がいいと思います。

少々家賃の相場は高くなってしまいますが、メゾネットタイプのマンションでは1世帯が2階建ての作りになっているので、階下の人に迷惑がかかる心配がなく安心して生活する事が出来るのでお勧めです。

アパートやマンションでは他の入居者がどのような家族構成の方が多いのか知っておく事も大事です。

やはり子供がいる家庭が多い物件の方が騒音に対しても理解があると思います。


街選び

街選びも重要な要素の一つです。

災害の多い土地ではないか調べておく事や、市町村の災害時対策等も知っておくと安心です。

仕事復帰を希望する主婦にとっては保育園や幼稚園の待機児童の問題も気になるところです。

就職が決まっても、子供が保育園や幼稚園に入る事が出来ず、仕方なく断念しなければいけないと言う状況にならない為にもしっかりと情報を収集しておきましょう。

保育園や幼稚園、小学校の通学ルートも確認し、道路環境や交通量もチェックして物件選びの参考にしましょう。

周辺の環境では、子供が急に具合が悪くなった時や病気になってしまった時の為に近くに病院があると安心できます。

病院までの距離やドラッグストアの有無等も選択の目安にすると良いと思います。

子供にとって度々の引っ越しは精神的にも大きな負担になるものです。
家族皆が長く快適に暮らせるように暮らしやすい街や物件を見つけて下さい。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.