> >

幼い子供がいる家族の引っ越しリサーチ



「幼い子供がいる家族の引っ越し」、実は私も数年前に経験している。
自分の経験を踏まえて、アドバイスすることを考えてみよう。
幼い子供がいる家族の引っ越しリサーチ
行ったこともない、知り合いのいない土地の情報は、ネットにしか頼る方法はないように思う。

その土地の治安はいいのか、評判はどうなのか、駅は近いのか、乗り換えはスムーズか、通勤に便利なのかなどを、まず第一に調べる。

都内ということで、家賃が高すぎない場所ということも、考えなくてはいけないと思う。

引越し先では何が一番重要か?

便利さを取れば家賃が上がり、家賃を取れば不便な場所になってしまうので、そこは「何が一番重要か」を考えて、多少妥協することも必要だろう。

そしてだいたいこのあたりという目星がついたら、次は地図を購入する。

ネットでも地図は見れるのだが、全体像を一目で眺められる地図はあった方が便利だと思う。

学校や幼稚園が比較的通いやすい引越し先

そのあたりまで調べたら、次は学校や幼稚園が比較的通いやすい、近い場所を探してみる。

スーパーや小児科は?

学校や駅までの距離、買い物は毎日のことなのでスーパーが比較的近くにあるか、
小児科や病院も通いやすい場所にあるかも、重要だと思う。

そして、その土地の評判が良く、文教区に指定されていたり、教育レベルが高ければ安心だろうと思う。

幼稚園は車で送り迎え出来たりするし、通っても3年なので、小学校ほど重視しなくていいような気がする。

そこまで決まれば、今度は住居形態を考えてみよう。


引越し先の住居形態

集合住宅なのか、一軒家の賃貸タイプなのか。
子供がまだ小さいので、騒がしくすることも考えて、集合住宅でも迷惑がかかりにくい階や部屋にすることも考えなくてはと思う。

ネットでの情報だけでは不十分な点は、不動産屋に出向いて、そこで話をじっくり聞くもの重要だと思う。

そして何より、可能であれば自分の足で出向き、実際目にして選ぶこと。

地図やネット上だけでは、やはり限界があるので、最後は自分の目で見て確かめることが何より重要になってくると思う。

そして転勤で限られた期間しか住まないのであれば、多少の妥協が必要だと思う。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.