> >

引越し先を決める3つのアプローチ



全く知らない土地へ引っ越す場合…
何処から探せばよいのか、途方にくれてしまいますよね。

通勤時間、家賃、住環境、お子様がいれば、教育、医療等の助成についても考慮が必要になってきます。

まずは、何を重視するかをよく検討してみます。
引越し先を決める3つのアプローチ

「通勤面」からのアプローチ

両親が共働きだった場合、どちらかの職場からは近い方がよいと思います。

大震災後、災害が起きた時、公共機関がストップした時に自力で帰ってこれるかなど、考えるようになりました。

勤務先からのアクセス、通勤時間を考慮して「例えば、勤務先から1時間以内」となると勤務先が都内の場合、かなり候補地があがってしまうと思います。

帰宅が遅くなる場合、終電の時間、また深夜になると各停電車しかない場合もあるので、
「急行使用時、????分」となっていても、実際にはかなりの時間を有する場合もあります。


「住環境」からのアプローチ

子供がいる場合、医療、教育の面も重要になってきます。
お仕事をされている場合、保育園や学童の待機状況も確認する必要があります。

同じ最寄り駅でも、道路一本挟んでこっちは東京都、向こうは神奈川県ということがあります。

県が異なれば、助成もかわってきます。

その場所にずっとすみつづけるのか、賃貸なのか、持ち家なのかによって異なりますが、子供が学校にはいると、転校は出来れば避けたいので、再度引越しをする際も、同じ学区で引越し先を探す事が多いと思います。

その為、学区の教育レベルは気になります。

ほとんどが私立中学を受験する、帰国子女が多いなど、お土地柄は知っておきたいです。

「頼れる人」からのアプローチ

頼れる親戚(両親、義理の両親、兄弟、姉妹)等の存在も大きいと思います。

あくまで、頼れることが重要です。子供がいると、夫婦でなんとかならないピンチがあります。

引越し先で出来るご縁も沢山ありますが、やはり頼れる人が近くにいると心強いと思います。

通勤面を重視して、駅近くの物件であっても、小学校から遠い場合もあります。
様々なアプローチをして、エリアを絞り、後はお財布と相談してみます。

可能な範囲の家賃で優先順位を決め、引越し先の選定をしたらよいと思います。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.