> >

私が子連れの引越しを経験して物件選びで大事だと思ったこと



小さいお子さんを抱えての物件探しは、本当に大変なことと思います。
ですが、しっかり考えて選ばないと後々後悔することにもなりかねません。
私が子連れの引越しを経験して物件選びで大事だと思ったこと
私にも子どもがおり、何度か引越しを経験していますが、その際に重視した点や、
実際に引越しをしてみて「こうすればよかった」と感じた点などをまとめて
物件選びのポイントをご紹介します。

まずは、家の間取りについて

子どもの成長を見越し、スペースを広めにとれるような物件をお勧めします。

子どもが幼稚園や学校に通うようになると、親の想像以上に物が増えます。

幼稚園の制服やカバン、ランドセルや教科書類に加えて、園や学校で作った制作物を持ち帰ってくることも多かったり、プール用品や書道セット、絵の具セットなどのような、普段は家に保管しておいて、使用するときのみ持っていくような用具類もあったりするので、それらを収納する場所をきちんと確保しておく必要があります。

既に小学生がいるご家庭でなくとも、その物件に住んでいる間に、小学校に進学する予定のお子さんがいる場合は、学習机を置くスペースや、家庭学習をするスペースもあらかじめ見越しておいた方が良いと思います。


子ども部屋

また、子どもは成長とともにプライベートな空間も必要となってきます。
可能であれば、子ども部屋をきちんと確保することをお勧めします。

物件を選ぶ際、家の間取りも重要ですが、それと同じくらい、立地も大事になってきます。

病院等までの距離

小学校、中学校や幼稚園までの距離、生活必需品を購入するようなスーパーまでの距離は、多くの人がチェックしているようですが、案外、見落としがちなのが、病院等までの距離だと思います。

病院は、そう頻繁に利用するものではないかもしれませんが、突然高熱を出したり、体調を崩したりした場合、すぐに罹ることができる病院が近くにあると、緊急時に本当に便利です。

家の前に大きな通りがない物件

また、お子さんが小さい場合は、家の前に大きな通りがない物件をお勧めしたいです。

小さい子どもは、突然走り出してしまったり、道に飛び出してしまったりするようなこともあり得ます。

道路に飛び出してしまうのは、どんな場合であれ危険なことに変わりはありませんが、万が一、飛び出してしまった道路が、車が徐行して通るような道であるのと、大きなトラックがスピードを出して通るような道であるのとでは、危険度が全然違ってくると思います。

できれば、大きい通りから1本入ったような場所にあるような物件を選ぶことをお勧めします。

私が子連れの引越しを経験して、物件を選ぶ際に大事だと感じたのは以上の点です。

少しでも参考になれば幸いです。

引越し料金をすごく安くする簡単な方法

当サイトでは引越しの見積もりは一括見積りサイトで行うことを推奨しています。比較することで引越し料金が安くなる事例がたくさんあるためです。

特に引越し侍はオススメで最大差額50%あります。

サカイ、アリさん、アートなど大手から中小の業者まで提携している引越業者は「190社」以上で、ネットからわずか数分で最大10社まで無料で一括見積りできます。
数分で終わりますので是非、利用してみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.